読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【星のカービィロボボプラネット】 すっぴん真かちぬきボスバトルクリア

ブログ約10か月ぶりの更新です。最近まで存在すら忘れてました。

 

今回は星のカービィロボボプラネットで真かちぬきボスバトルを、

「コピー能力一切使用不可、戦闘中コピー能力に変身も不可、回復アイテムは用意された分のみ、アミーボによる回復アイテム無し」の縛りを設けた、すっぴんチャレンジでクリアしたことを報告したいと思います。

 なお、今回のボスバトルは、「シリーズ史上最も鬼畜」などの評判があがっており、実際どのボスも一筋縄ではいかない敵ばかりです。

f:id:yequalax:20160527214209j:plain

※注意 おうちのかたがきをつけて

ここから先は星のカービィロボボプラネットのネタバレを含む内容となっております。

 

 

とりあえず、攻略突破画面です。

クリア時のゲーム画面をスマートフォンで直撮りしました。

f:id:yequalax:20160527212609j:plain

f:id:yequalax:20160527212625p:plain

私に家には録画環境がないので悪魔の証明となってしまいますが、39分もかかっているということでお分かりいただけると思います…。

 

ただ画像を上げただけで終わりだとブログで書く意味がないので、すっぴんで苦手だったボスランキングをおまけとしてつけたいと思います。

 

やる気があれば具体的な攻略法も別の記事として書きたいと思います。スージーの攻略方法を書いた段階で2000字越えててやる気が尽きそうです。

 

苦手だったボスランキング

5.Re:ホロ・ローパーズ Re:アイスドラゴン

まさかの序盤の鬼門。ここに慣れるまでに相当時間がかかったし今でもダメージを食らう。

ローパーズは吸い寄せと球のコンボでダメージもらうし、アイスドラゴンは技の範囲が広くてハマるとだいぶダメージをもらう。

クラッコとガラーガは雑魚。本体はもっと雑魚。ホログラフシステムズのもとって64で出てきたピクスじゃね?と勝手に思ってます。

 

4.Re:クローンデデデ

第一形態は大したことないけど、やっぱり第二形態のデデデ三人登場は事故を多発。ここで大きく削られることが多い。特に一人が風船、一人がジャンプ、もう一人がスライディングとかされたら最悪。

D3砲は慣れると少しのダメージで済むことが多いからあまり脅威ではなかったかもしれない。D3砲と戦う時は下の青いレールに注視して戦うといいと思います。(アドバイス)

 

3.Re:プレジデント・ハルトマン

おーおーわれらがハルトマン。予測しにくいキビキビした動きでいつもダメージを食らってしまう。第3形態以降でジャンプさせまくると暴走機関車のような危険が孕むから短期決戦しようとしてダメージを食らう…といったジレンマでよく削られる。

実はクリアしたときのチャレンジでは洗濯物干したあとの疲れによる操作ミスでリストラ・ショックをモロに食らってました。あれめっちゃ食らいますね…。

 

2.ギャラクティックナイト リターンズ

毎度おなじみ銀河しいたけ。USDXWiiの時に散々苦しめられたあの剣技と、新たな必殺技を携えての登場で興奮10倍憎らしさ100倍。

ガードで吐き出した星を無効化される度に嫌な汗が垂れる。特に嫌だった技は地味にダッシュ切りやシャトルループ。あとロボボで追加されたライジングスパイン(電撃が横から出てくるやつ)も神経すり減らしてきてキツかった。こいつにいつも体力をごっそり削られるのは恒例行事。

実は最初すっぴんで会った時は初見で倒して、Wiiのときの経験が生きてる・・・!と1人泣きそうになってた。そのあと自分強すぎwとうぬぼれてたら星の夢にボッコボコにされた。

 

1.星の夢. Soul OS 最終形態(♡の形になってラスボスおなじみの攻撃しかけてくるやつ)

ボスの技を見切るまでが非常につらかった。また読み切ったあともテレポート→カッターの緊張感が心臓に耐えられなかった。特にレーザーを避けられなかった時はもう涙ちょちょぎれながらこんなん無理やん…って言ってた。

私がやった攻略法は、レーザーをタイミングよくスライディングで避けた後の星と、カッターを吸い込んでぶつける以外の攻撃は全て回避に徹することでした。操作性を抜きにしたら間違いなく歴代最強のラスボスだと思います。

 

 

今回のすっぴんチャレンジも相当歯ごたえがありました。ボスがランダムでないのと回復機会の多さに救われたといった感じですかね…。

現在すっぴんボスバトルチャレンジは、強制的にすっぴんだったFC夢の泉カービィ3、64はもちろんのこと、USDXWii、TDX、ロボボでのクリアを成し遂げました。

これからも新作が出るたびにピンクの悪魔を跳ねさせたいと思います。